介護士の仕事はつらいのか?

一般的に介護士の仕事とははつらい仕事だと言われています。
それにはいくつかの理由がありますが、大きく分けてその内容と収入面でしょう。

まず勤務内容についてですが、特養やグループホームだと夜勤のあるところが一般的です。
夜勤なしの勤務を選択できる事業所もあるかもしれませんが、正社員を目指すのであれば夜勤は入れるほうがいいです。夜勤のある日は夕方に出勤して、勤務が終わるのは翌朝になります。軽く半日は超える勤務時間になりますので、ある程度体力に自信がなければ務まりません。早出もあり、遅出だってあります。規則正しい生活はまずできません。夜勤には手当があるので、少しはそれで気が紛れるかもしれません。

また、直接人間と触れ合うことの多い仕事です。
言葉遣いに注意し、身体支援の際には微妙な力加減の見極めも必要になります。
もっと極論を言えば、他人の命を預かる仕事です。そのプレッシャーは常につきまといます。肉体的・精神的にはつらい仕事が介護士だと言えるでしょう。

ですが、不安なことだらけではありません。
もちろんやりがいだってあります。
利用者の笑顔を見るのが好きだ、「ありがとう」と言ってもらえると疲れが吹っ飛ぶ、そのことをやりがいに長年、介護士を続ける方が多いのも事実なのです。勤続年数が長くなれば、スタッフを指導する立場になります。そうなると今までの業務が一気に変わるので、夜勤がなくなったり、つらい業務が楽になることだってあります。

ですが、まずは地道に経験をコツコツと積み上げること。それで得た知識と経験は周りからの大きな信頼へと繋がります。

つらい仕事における定義とは

仕事においてはつらい面も存在しますが、そのつらさは人によって捉え方が異なってきます。
労働時間が長い、体力勝負のような肉体的負担を強いるものや人間関係やパワーハラスメントなどによる精神的苦痛まで人それぞれつらい事が異なるでしょう。
そのような中でどの職種が良いのかと言うと選びようがなく、それぞれの頭の良さによっても選べる選択肢は異なってくると言えるかもしれません。

これらを考慮すると、それぞれが良い職種と出会うためには転職なども行い、見つけていく方法が良い方法の一つです。
しかし簡単に転職できるような世の中でもなく、就職すらもできるか分からない世の中でそれを実現していく事は難しい場合もあるでしょう。
それぞれのつらさの捉え方は異なりますが、職を確保すると言う一点に注目して仕事を選ぶのであれば、介護士を検討すると良いかもしれません。その理由の一つに高齢化社会が挙げられ、今後も高齢者の数は増えていく可能性があると言えます。高齢者が増えると介護が必要な方も増えていく事があり、安定した求人を得る事も可能です。肉体的精神的つらさはある仕事ですが、将来的にも安定した働き方を実現できるものですので重要視するものが職の確保であれば、検討してみても良い職種の一つでしょう。資格取得に関しても国の支援や通信講座などの社会人でも取得しやすい環境が整っており、お金がない方でも実現可能です。

将来を不安なく生きるためにも、検討してみても良い職種かもしれません。